高田馬場でアルバイトをしながら子育て

高田馬場でアルバイトをしながら子育てを行う場合には、子供にストレスを与えない環境を作り出すことが必要です。子供の脳細胞は、生まれた時にたくさんなり、どんどん減っていくことになります。これは中学生までスピードが速く、中学生になると減っていく量が緩やかになっていくのです。この減るスピードというのは、生活で頻繁に使用する部位の脳細胞の量は、なかなか減ることが無いのです。使わないところからどんどん減っていくために、出来る限りたくさんのことをさせることが有効なのです。

ストレスを感じ取ると、この脳細胞の減っていくスピードを速めてしまうのです。人間はストレスを感じると、頭を上手く働かせることができなくなってしまうのです。そのため考えることができなくなってしまい、脳の活動を弱めてしまうことになります。その結果使わない部分の脳細胞がどんどん減っていくために、ストレスにより全体的に脳の活動が低下するとともに、全体的に機能が低下してしまうことになるのです。